金融でお金の大切さを知ろう

金融について学ぶことは、お金や経済の仕組みを学ぶということです。

現代では、物の売買は貨幣で成り立っていますが、その前は、金や銀によって成り立っていました。
更に前は、物々交換でした。
では、物々交換や金や銀による売買が、全くの過去の物かというとそうではありません。
物々交換、金や銀は商品となって貨幣経済を支え、現代にしっかりと生きています。

貨幣、金や銀などの商品は、需要と供給によって、時間ごとに値段が上がったり下がったりします。
単純にいえば、値段が下がったところで買い、値段が上がったところで売ればもうけが出ます。
しかし、それだけが売買ではありません。
例えば、値段が上がったところで買い、更に上がったところで売るという方法もあります。
また、下がったところで売って、損失を最小限に食い止める方法もあり、方法は人それぞれ違うのです。
ただ、そのような取り引きは、需要と供給のバランスが上手に保っていなければ破たんをします。
国がなくなれば貨幣の価値もなくなります。

つまり、時代とともに発達し、経済の激しい浮き沈みを回避してきた結果が金融の素晴らしさなのです。
また、その素晴らしさを学ぶことは、お金の大切さを学ぶことでもあります。

Just another WordPress site